これを食べて新陳代謝アップ!

これを食べて新陳代謝アップ!

新陳代謝、落ちていませんか?どんなにダイエットもスキンケアも、新陳代謝が低下している状態では、思うような効果を得られません。せっかく努力しているのに、成果が出ないなんてあまりにも悔しい。新陳代謝がアップすれば脂肪は燃えやすくなり、肌の調子も整うことが期待できます。

でも、どうすれば新陳代謝をアップできるのかイマイチわからない…。そういう方は、食事に工夫をしてみてはどうでしょう。新陳代謝をアップさせる効果を持つとされる食品を、積極的に摂ることをおすすめします。

たとえば、主食を白米から全粒穀物の玄米に変えてみる。全粒穀物には血流のインスリンをコントロールする効果があり、代謝を高めるとされています。全粒粉を使ったパンやパスタ、オートミールなどを取り入れるのもいいですね。全粒穀物は食物繊維も豊富なので、便秘解消効果も望めます。

お魚を食べるなら、マグロ・いわし・鮭などがおすすめ。これらの魚には、代謝をアップさせる必須脂肪酸の一種が含まれています。ダイエット中に不足しがちなたんぱく質も、魚類を食べることで補うことができます。魚類に含まれる良質なたんぱく質も、代謝を高めるとされています。

代謝向上に効果があるたんぱく質を含む食品には、他にも卵、ピーナッツバター、赤身のお肉、豆腐などがあります。ピーナッツバターはかなりの高カロリーですが、美容のためになる抗酸化物質なども豊富。カロリーオーバーにならないように気をつけながら、たんぱく質を上手に摂取できるようになりたいですね。

代謝を高める働きをする食品といえば、真っ先に唐辛子を思い浮かべる人もいるかもしれません。ご存知の通り、唐辛子も代謝アップに一役買ってくれます。何でも、唐辛子やハバネロを食べた後の体は、約3時間の間は代謝が高まっている状態なんだとか。つまり、運動をする前に唐辛子などを食べると、脂肪がより燃えやすくなるということですね。

こういった食品を食事にバランスよく取り入れて、新陳代謝をアップさせましょう(^^)それが痩せやすい体やキレイな肌への第一歩につながります。

大阪の脱毛サロン特集

生大根でダイエットをするコツ

食事に注目したダイエット法はいくつもありますが、今回私が注目したのは『生大根ダイエット』です。ダイエットに生の大根を食べると良いというのは、何ゆえでしょうか?

大根には「イソチオシアネート」という辛み成分が含まれていて、それが活性酵素に効果的なんだそうです。活性酵素は、代謝の低下を招くとされています。大根には他にも、「アミラーゼ」という成分もあります。アミラーゼは、炭水化物の消化を促し、便通をスムーズにしてくれるようです。

大根に含まれる「イソチオシアネート」と「アミラーゼ」が、ダイエットに有効に働いてくれるということがわかりました。では、生大根を食べるといっても、どんな風に食べればいいのでしょう?

生大根を1日に食べる回数は、1回だけでいいようです。もちろん食事に取り入れるのもいいし、食事の前に食べれば食事の量を減らせるかもしれないと言われています。

食べる量は、輪切りにしたものを6cm以上。重さにすると350gほど。生の大根を350g食べるとなると結構な量ですが、大根おろしにしてもいいようです。すりおろした場合は、汁まで余さず飲むようにします。

大根というと煮物やおみそ汁など、火を通して食べるイメージが強いかもしれません。でも、サラダや漬物、酢の物や和え物にしてもおいしいんですよね(^^)

私がよく作るのは、『ちりめんじゃこと千切り大根の和え物』です。これは千切りにした大根を軽く塩でもみ、ちりめんじゃこと和えるだけ。手間がかかるといえば大根を千切りにするくらいで、それも器械にお任せしてしまえばあっという間。

しらす干しには、ダイエット中に不足しがちなカルシウムやたんぱく質も豊富に含まれています(^^)

生の大根を多く食べるコツは、切り方にあります。太めや厚めに切るより、千切りにや薄切りにするのがおすすめ。大根は堅くて噛みごたえがあるので、量を食べるには一つ一つが大きいとちょっと辛い。だけど千切りや薄切りにすると、比較的食べやすくなりますよ(^^)

額脱毛