オイル美容に注目!

オイル美容に注目!

美容のためなら手間隙を惜しまない方々が絶賛するアイテムがあると聞き、早速調べてみました。そのアイテムとは、オイル美容。美容のことなら負けないという方々も愛用しているというのだから、その効果には期待できそう!

多くのオイルには、人間の皮脂組成と限りなく近い成分が含まれているんだとか。それなので、保湿をしつつ皮脂のバランスを上手にコントロールしてくれるんだそうです。保湿か皮脂バランスの調節か、どちらか一方の効果があるだけでも嬉しいもの。それなのに両方の働きがあるとは、本当に優秀アイテムです(^^)

また、オイルは肌によく馴染むだけではないようです。レンガのように並んだ肌の角質層。その隙間を埋めて細胞と細胞をくっつけているのが、細胞間脂質というもの。その細胞間脂質は、油性のものと相性が良いとされています。そのため、オイルは細胞の隅々までよく行き渡り、溶け込んだ美容成分を運ぶ働きもしてくれるとのことなのです。

他にも、抗酸化物質、必須脂肪酸、ミネラル、ビタミン…。オイルには、美肌に効果的な成分がたっぷり!これなら、美容のエキスパート達に愛用されるのも頷けます。

オイル美容と一言でいっても、いろんなものがあります。たとえば、ホホバオイル。オイルというとベタつきが気になるところですが、これはサラリとしているようです。サラリとした使い心地は、マッサージオイルとしても勧められています。抗酸化効果も高く、安定性にも優れているとのことです。

希少だとされているオイルに、アルガンオイルというものがあります。これは、オレイン酸やリノール酸で構成されたもの。その抗酸化力は非常に強いとされています。アルガンオイルに含まれるビタミンEは、オリーブオイルの2~3倍なんだとか!肌にもとてもよく馴染み、柔らかな肌に導いてくれるようですよ。

自分の肌と好みに合ったオイル美容を見つけたいですね。オイル美容を毎日のスキンケアに取り入れれば、憧れの美肌にもなれそうです(^^ゞ

iライン脱毛お腹脱毛胸脱毛

体の毒を出して脂肪を燃やすスープの作り方

6つの野菜を使ったスープが『毒出し脂肪燃焼スープ』と名づけられ、話題になっています。

何とも魅力的な名前のスープに使われている野菜は、トマト(抗酸化作用・血流促進)・キャベツ(免疫力アップ)・ニンジン(冷え改善・活性酵素除去)・セロリ(ミネラル&ビタミン豊富)・ピーマン(美肌効果)・タマネギ(血流促進)。

体の中に溜まった毒素を外に出して細胞を活性化、それによる代謝アップを目的とするこのスープ。それを達成できる力を持っているのはこの野菜だということで、これら6種類が選出されたようです。

さらにかつお節と昆布からとった食物繊維たっぷりの出汁と、体を温める効果があるショウガも使われています。どれをとっても、美容に効果的なものばかり!なるほど、『毒出し脂肪燃焼スープ』という名前にも納得です。

それぞれの分量と作り方は、以下の通り。

■材料

トマト … 中1個

キャベツ … 1/4個

ニンジン … 1/3本

セロリ … 1/3本

ピーマン … 1個

タマネギ … 中1個

かつお節 … 3g

昆布 … 1cm角

ショウガのすりおろし … 適量

塩 … 少々

■手順

1.鍋に1リットルの水と表面をさっと拭いた昆布を入れ、中火にかける。

2.沸騰直前で昆布を取り出し、かつお節を一度に加える。

3.一煮立ちさせて生臭くなるのを防ぎ、火を止める。

4.かつお節が底に沈み始めたら、キッチンペーパーなどを敷いたザルでこす。

5.ニンジンとタマネギは皮をむく。ピーマンはヘタと種を取り除く。6つの野菜を全て食べやすい大きさに切る。

6.鍋に手順4の和風だしと手順5で下処理をした野菜を入れ、火にかける。

7.20分ほど煮込み、仕上げに塩で調味する。

8.器などに盛った後、ショウガのすりおろしを加えて出来上がり。

1日だけじゃなく毎日続けることが大切。飽きないように、みそ味にしたり唐辛子を加えたりするなど、味に変化をつけてもいいようです。

ただし、コクを出そうと油で野菜を炒めたり、砂糖で甘みをつけたりしようとするのはNG。出汁がちゃんと取れていれば油なしでも旨みたっぷり、砂糖なしでも野菜本来の甘みを楽しめます。

膝下脱毛